読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

鬼きすブログ

休学⇒上京してライターインターンしてる大学生のブログ。

田舎者が上京して知った、東京ハロウィンの話。

1週間ぶりの更新となってしまいました。
腹をコルセットの紐でくくって、今日は書きます。


ハロウィンが終わり、11月になりましたねーーー
みなさんどうお過ごしだったのでしょうか。

わたしは友人となかなか予定が合わず、一人ハロウィン仮装を実行し、世界で1番crazyになる渋谷へ駆り出しました。

 

こういう連中だらけだったさ!!!!!
大好きだよ悪ふざけ!!!!!


・・・日本人って世界的に見て「恥ずかしがり屋」な人が多いと思うのですが、ハロウィンの時のこのはじけっぷりは本当に一体何なんでしょう。
日本国民ってタガが外れるとすごい。
非現実なものに対する憧れが強い。(それを代表するのが漫画・アニメ・アイドル・・・)
この掴みどころの無さが、日本の魅力だと思ってます。

極端に言えば、アメリカで正月祝って、言葉もそのまま「Akemashite-omedetougozaimaaaasu!!!」って言ってるようなものだよね?!年賀状もあればおせちも食べるし、お年玉ももらえるんだろう!!!
お正月の親戚廻りは非合理的だから、facebookとかでAkeome&Kotoyoroを言い合うんだ・・・!

 

前置きが長くなりましたが、私は上京して、Tokyoのハロウィンというものをいくつか学んだので、ここでシェアさせて下さい。



■渋谷の盛り上がりが尋常でない

なんか黄色い軍団いる笑

渋谷が人の海と化します。
ハチ公改札は混むから避けて下さいというアナウンスのもと、割と空いてる南改札から出たものの、スクランブル交差点までの道のりが・・・長い・・・いや近いんだけど全然進まない・・・。

ハチ公前~センター街エリアがね、もうホットスポットどころか大ヤケドレベル。
だがしかし、人込みは中国留学で慣らして来たんで負けない。
大丈夫、必ず前に進めます。うん、実際積極的に&効率的に前進しようとすれば、そう時間はかからないよ。



■DJポリスの存在

f:id:shangye5:20161102072354j:plain

「今年も現れるのか?!」と噂されていたDJポリス。いたよ!!!

わたしてっきり警察の格好したDJさんなのかと思ったら、車上から拡声器を使うなどして交通整備をするガチの警官のことを指すんですね。



DJポリスは2013年にサッカー日本代表2014 FIFAワールドカップ・アジア予選においてワールドカップ出場を決めた夜、渋谷駅前で大勢のサポーターにユーモアを交えた話術でルールを守るよう呼びかけた警視庁機動隊員に対する愛称。(一部省略)スクランブル交差点の指揮車の上でマイクを握った男性隊員が、「こんな良き日に怒りたくはありません。私たちはチームメートです。どうか皆さん、チームメートの言うことを聞いてください」皆さんは12番目の選手。日本代表のようなチームワークでゆっくり進んでください。けがをしては、W杯出場も後味の悪いものになってしまいます」「怖い顔をしたお巡りさん、皆さんが憎くてやっているわけではありません。心ではW杯出場を喜んでいるんです」などとユーモアを交えて呼びかけた。
- Wikipediaより抜粋

 

 

 

f:id:shangye5:20161104021850j:plain

 

高いところから、DJのテーブルのようにも見えるこの柵、ある意味場を盛り上げるところから名付けられたんですね、なるほど。


お若い警官の方だそうですが、おじちゃんくらいの年齢になってもやっていてほしいですね~。ハロウィンとかイベントでバカ騒ぎしてる中で、賢く優しくこちらに注意を促してくれる。トットちゃんに登場する、トモエ学園の校長先生みたいだな。

 

窓ぎわのトットちゃん (講談社青い鳥文庫)

窓ぎわのトットちゃん (講談社青い鳥文庫)

 

 

注意される人のほとんどが、良い歳した大人なんですがね笑

誰しも、幾つになっても、優しい存在が必要で、大衆が子どもたち、ポリスが幼稚園の先生みたいなこの図、なかなか可愛い、ほほえましい・・・。


■女装が人気すぎる


ハロウィン期はハロウィン関係のバイトをしていたのですが、とにかく女性用コスチュームを購入する男性が多いこと。

男性の女装が許容される、唯一の日ですもんね・・・。

 

ところで、「男装」より「女装」の方が主流なのって何故でしょうか。
女性はパンツもスカートも穿けるけど、男性のスカート着用は社会的にはあまり良く見られない・・・というのもあるとは思いますが、やはり日本文化を考えると歌舞伎の影響が大きいのかな?


一般的な性別の概念を乗り越えた日本の伝統芸能、おもしろいですねぇ。歌舞伎観に行きたい。





■ハロウィン=日本で1年で1番ごみが捨てられる日

 

渋谷の街、ごみだらけになります・・・。

ハロウィンの時期は、当日じゃなくてもかなり盛り上がって、コスしてる人もいたりするのですが、夜中のハチ公口らへんは一面ごみでびっしり。タバコの吸い殻とか(喫煙所がちゃんとあるのに、そうではないところに大量に捨てられてる)缶とか、その他もろもろ・・・。


日本、特に東京は、ある事情で駅や街にゴミ箱がほとんど設置されていなくて、結構不便です。(この理由はググると出てきます)

せめてイベントの時には設置すればいいのではないでしょうか・・・。



そういうワケで、ハロウィンの時期は清掃ボランティアも行われています(^o^)
仮装をしながらごみ拾いをする団体さんも多いです。わたしも行きたかったーー!



そして友人が教えてくれたのが、キングコング西野さんとアンチ西野の抗争w

f:id:shangye5:20161104031220j:plain


事の発端は、2015年秋。

ハロウィンにゴミが大量に出るくらいなら、「ハロウィン翌日にゴミが無いと盛り上がらないイベントをやっちゃおう」と西野さんが提案したこと。


仮装した人間(オバケ)達が捨てたゴミを、自分達(ゴーストバスター)が拾って巨大オブジェを作り上げようと。そのためには、むしろゴミが大量に捨てられていなければ困ると。

なんとまあ、逆説的発想(笑)流石すぎる、、、

 


イベントの告知をし、500人ものボランティアを集めたのですが、ハロウィン前に2chでアンチ西野が「西野がやる前に渋谷のゴミを拾ってやろうぜ」とコメント。

 

 


そして、イベント当日。

 

彼らは予告通り、西野さん率いるイベント参加メンバーが集まる2時間前の朝4時に渋谷に集合し、大きなゴミを全て回収してしまったのでした。

 

 

 

いいことじゃないかwwwww

 

 

その後の西野さんの行動と、今年のことなどは西野さんのブログにありますので、そちらをご覧頂けたらと思います。

lineblog.me



こんな感じで、ハロウィンの東京では、私の知らないことが多く起こっていたようです。
それにしても、1年で1番ハジけられる良い1日だと私は思っています(・▽・)♡
水着は着る気ゼロなのですが、仮装はめちゃくちゃやりたくて、1人でもやっちゃったし・・・(しかも結構露出度高いやつ)。


付随して発生する問題ともうまく折り合いつけていきながら、これからも楽しく行われ続いていけばいいなーと思います。



★ランキングに参加しています。
クリック頂けると励みになります。

 


★正統派な副業。自宅にいながらライター修行。アンケートなど簡単なお仕事もたくさん。

クラウドソーシング「ランサーズ」