鬼きすブログ

休学⇒上京してライターインターンしてる大学生のブログ。

「勉強になります!」の汎用性の高さ

f:id:shangye5:20161021070954j:plain


自分の話ばかり長々する年上の方に対して効果的な言葉が「勉強になります!」というのはよく聞きます。

これ、言われ過ぎて逆に言えなくない?とも思うのですが、話が長い人は大抵相手がウソでも頷いてくれれば相手の発言はあまり耳に入ってないので多分問題ないのだろう。


使い方が少し異なりますが、私は別のシーンで「勉強になった」を使っています。





f:id:shangye5:20161021093746j:plain

先日、友人と話していて、私がある話題になって、友人の一言がちょっと私の中では気がかりになりました。

正直、不愉快に感じてしまいまして。


彼女は仲の良い相手だからこそ物事を率直に言ったり、悪い冗談を言う人だということは前々から知っていたし、そのことでお互い話し合ったこともあるのですが笑、今でもうまいこと切り返せない私。
怒ることはしなかったのですが、でも少しは自分が不愉快に思ったという旨をなんとなーく伝えればよかったなぁと、消化不良状態を保って彼女との会話が終わりました。


(ちなみに、重い話は軽いノリで伝えると良いとはあちゅうさんが本で書いてました。)

 

疲れた日は頑張って生きた日 うつ姫のつぶやき日記

疲れた日は頑張って生きた日 うつ姫のつぶやき日記

 

 
思ったことは日記に書き記して整理するようにしています。
でも日記も、負の感情に溢れたものにはしたくなくて。

そこで私が使っているのが「勉強になった」です。


そもそも友人が、私が不愉快になってしまうことを言ったのには、まず私が不愉快に感じる話題への入り口を作ってしまったことにありました。

「〇〇の話をしたら、きっと彼女は、いや彼女でなくとも、周りの人はそれに対して××と返してくるかもしれない。そうなると自分が嫌な気持ちになってしまうので、まず私がその話題に触れないようにしよう。うん、勉強になった!」


みたいなことを日記に書いておきました。

 





f:id:shangye5:20161021095401j:plain

先輩相手に使う「勉強になります」と私の使うこの言葉の意味合いの差異は、前者は本当に「勉強になっている」とは限らず、後者は考察した上でその言葉を使っているので、本当に勉強になっている場合が多いこと。

でも共通点もあって、それは自分の感情を荒げずに流している、ということ。


怒っていると冷静に判断できなくなって、事がうまく進まないので、できるだけ早く怒りの感情を忘れるようにします。だから日記には、直接「イライラした」「ムカついた」という表現は書かず、そうなるような出来事が起こったという事実だけを書いて、静かに収束させるようにしてます。

 

この考え方は、高校生の頃読んだ小池龍之介さんの「考えない練習」に基づいています。

考えない練習 (小学館文庫)

考えない練習 (小学館文庫)

 

 
怒っている時には「ああ、自分は怒っているんだな」と考えるようになさっているそうです。怒っている自分を一歩ひいて捉えてみると。そうすると、不思議なことに怒りの感情からも遠ざかることができるそう。

 

★ランキングに参加しています。
クリック頂けると励みになります。