読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

鬼きすブログ

休学⇒上京してライターインターンしてる大学生のブログ。

英語できる人への特別視、そろそろやめな~

Learn

って心の中の私が。

あ!今年の成城大の学祭にダレノガレさんがトークショーゲストとしていらっしゃるそうです。いきたーい。 

 もう少しで学祭の時期ですね~。

 
で、本題。
気になってるのが、このCM・・・。

 いや、瑛太さんに何をやらせてるの・・・。

”Three days.”しか言ってないのに、動画タイトルが「瑛太絶妙な英語も入国審査に挑む」←タイトルも日本語として危うい・・・。「英語も」と「入国」の間に1個スペース入れるべきでは。

日本はいつまで「英語できる人(特に、発音が良い人)めっちゃカッコイイ」っていう意識を保っていくんだろう。いや、いつまでそれを国民に浸透させ続けていくつもりなのかなー。

なんだか今でもテレビで「英語ペラペラの○○さん!」って感じで取り上げられてますが、最近は英語留学に出向く大学生も本当に多いし寧ろ当たり前くらいになってるし、英語できるだけでチヤホヤする時代、そろそろ終わらないと前に進めない気がする。


中国留学時代の話をします。というか、まず中国語の話をします。
中国語習い始めの時にまずビックリしたのが「声調」という存在です。例えば、「マー」と1文字言うだけでも、「マー」と何の変哲もなく発音するか、あ~ぁとため息をつくように発音するかで全然異なる意味になると。声調が違うだけで、相手に意味が伝わらなくなってしまうんです。最初は「何それ!そんなん1個1個覚えてたらキリないじゃん!」って思ったわけです。

留学にて、私は最上級のクラスから一つ下のクラスに所属しました。学習する中国語のレベルとしては中の中~中の上くらいなのかな。
クラスメートも色んな人がいて、授業中はあちこちから積極的に質問が飛ぶんですが、このレベルのクラスに来ても中国語に母国語の特徴(アクセントなど)がそのまま出てる人とか、声調間違えまくる人って結構いました。先生もそういう人には「え?何て言った?」とはっきり訊き返すのですが、生徒は負けじと言い直します。言ってることがチンプンカンプンに聞こえても、発言量の多い人や、筋道立って話ができる人はクラスの中でも一目置かれていました。つまり発音なんてぶっちゃけ二の次です。(1.発言内容 2.語彙力 3.発音(声調))
発音が良いだけだと、なんかおりこうさんで終わってる印象があります。まず発音が良いだけで発言が少なければ、注目はされません。(もちろん発音悪くて発言が少ない人よりは全然良いです笑)

発音が良い人を悪く言うつもりでは全くないのですが、ただただ勿体ないと思います。

 


ここで、中国語がうまい!と言われているディーンフジオカさんが実際に中国語を話している動画のリンクを貼っておきます。

www.bilibili.com

ディーンさんのお話は内容もしっかりあるし、話す速度が結構早かったり、現地の人が使うような言い回し(言い回しというか簡単な単語なのですが、例えば「在大陆(大陸で=中国本土で)」の「大陸」という表現は教科書にはそんなに出なくて、日常会話の中で自然と使われている感覚があります)も出てきたりして、本当に今まで沢山中国語を使って会話してきたんだな、という印象を受けます。声調がちょっと違うところもありますが、そんなの本当に気にならなくなるくらい、自分の考えてることをしっかり伝えてると思います!


先日結婚報告をされた、卓球選手の福原愛さんもそうです!
彼女は幼少期から中国人コーチをつけていたので、中国語に関心を持ち、コーチから教えてもらいながら、卓球だけでなく中国語学習にも励んできました。私が留学したばかりの時は、彼女が中国語を話す動画を見て「こんな風に話せるようになりたい!」と思ったほどです。

【日本語字幕付き】 アジア大会 福原愛 中国メディアに応じる 20140927 - YouTube

 


日本語のことを考えても、やっぱり内容が大事じゃないですか。海外の方は特に話の内容を重視するので、語学も基本の発音を身に付けたらとにかく単語量を増やして、会話を作れるようになった人が勝ち!だと思います。いやー私も英語・・・スピーキングの練習しないとー。

 

 

ここまで言いましたが、ローラさんの英語の発音は、素人目線からですが綺麗だな~と思ったので動画置いておきます笑

www.youtube.com

 努力家ローラさん!TT
ローラさん出演のバイオハザード楽しみ!

 

 ★ランキングに参加しています。
クリック頂けると励みになります。